夏のたからもの

a0196286_751362.jpg

a0196286_751513.jpg

のぼった木でみつけた夏のたからもの・・・
蝉の抜け殻・・・

数年間地中で過ごした幼虫は、羽化の日に穴から抜け出て、安全な場所で羽化します。
羽化の時間は、外敵のいない夕方から夜にかけて。
そして外敵が活動をはじめる朝までに、すっかり立派なセミに変身していなければなりません。

結構高い枝に集団でいました。
この小さいからだで一歩一歩のぼったのかな・・・
っと思うととても愛おしくおもいます。

メスとオスの抜け殻を子どもたちにお土産にみせました。
今年、オス、メスの区別の仕方を教えてもらったこどもたちはじっと観察して答えをみつけました。

木の上ではいろいろなたからものと出会えます。
出会った瞬間、とてもうれしくおもうのです(。・ω・。)
[PR]
by momokurieem | 2013-09-18 07:51 | Tree+ing | Comments(0)