*日程:12月9日(土)13時~10日17時(受付13時~13時半)9、10日どちらかの参加もOK

*会場:9日杵塚農園(藤枝市滝沢)

10日藤の瀬会館(藤枝市本郷)

*対象:環境教育に興味がある
18歳以上の方ならどなたでも
参加費:1500円
(9日夕食・10日朝食・宿泊費・保険代含む)
      日帰りの方 各日 500円
         (保険代含む)
*定員:40名(先着) 詳しい資料は後日連絡させていただきます。

~内容紹介等~
9日・山田辰美先生による基調講演「命とふるさとに向けたまなざしを育てる」
 04’から行われている「志太・榛原環境教育シンポジウム」の第3回目の基調講演です。

山田辰美 略歴
1952年、静岡県藤枝市に生まれる。
静岡大学理学部生物学科を卒業。
専門は生態学、環境教育、水生生物学。
現在、富士常葉大学環境防災学部教授、
NPO法人里の楽校理事長、静岡淡水魚研究会理事長、カワバタモロコを保護する会会長、めだか倶楽部・静岡代表、静岡県自然環境調査委員会委員、日本グランドワーク協会専門委員。



体験学習プログラム

 NG(ネイチャーゲーム)やWET(水のアクティビティ)などの体験学習プログラム概略・プログラムの体験を行います。

交流会 など


10日・体験学習プログラム(選択)
     午前:1.ネイチャークラフト
          山田辰美先生のアニミズムの世界

「アニミズム」・・・幼児期の思考の一特徴で、命のない事物を、あたかも命があり、意志があるかのように、擬人化して考える傾向を「アニミズム」という。これは物活論とも呼ばれ、J.ピアジェ(1968)によって提唱されたものである。
 身近な所にある木の実などの自然物を使って、動物の人形を作ってみましょう。自然の素材を組み合わせて、生き物の形や雰囲気さらに表情までもそれらしくして下さい。自分のよく知っている動物や大好きな動物に見立てて行く作業です。生きていない物から、生きている物を生み出すということです。私はこのことをアニミズムと呼んでいます。


         2.水に関する体験学習プログラム

 WET・GEMSといった体験プログラムから・・・「水の不思議・魅力」に触れてもらいたいと思います。
午後:1.木に関する体験学習プログラム
 PLTといった体験プログラムから・・・「木の不思議・魅力」に触れてもらいたいと思います。
2.生き物に関する体験学習プログラム
 NG・WILDといった体験プログラムから・・・「水の不思議・魅力」に触れてもらいたいと思います。
体験学習プログラム担当
[PR]
by momokurieem | 2006-11-24 08:43 | EEM | Comments(0)